メニューを開く 検索 ログイン

3人の日本医師会医学賞受賞者が講演

第69回日本医師会設立記念医学大会

2016年11月04日 07:15

イメージ画像

 日本医師会は11月1日、第69回日本医師会設立記念医学大会を開催。同会会長の横倉義武氏は「今年は、1916年11月10日に大日本医師会がわが国初の医師の全国組織として設立されてからちょうど100年目に当たる。国民医療に尽力してきた日本医師会の歴史を次世代に引き継いでいきたい」と述べた。また、最高優功賞(20人)、優功賞(4人)、医学賞(3人)、医学研究奨励賞(15人)などの表彰、医学賞受賞者による講演が行われた。

 医学賞を受賞した東京大学疾患生命工学センター構造生理学教授の河西春郎氏は「2光学イメージングと光操作法による大脳シナプスの研究」、国立循環器病研究センター理事長の小川久雄氏は「日本における循環器疾患治療のエビデンス」、大阪大学大学院医学部長・心臓血管外科教授の澤芳樹氏は「重症心不全に対する世界初の心筋再生医療製品『ハートシート』の開発」について講演した。

(慶野 永)

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2016年 »  イベント »  3人の日本医師会医学賞受賞者が講演

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD505550 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外