メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  骨粗鬆症がサルコペニアの危険因子に

骨粗鬆症がサルコペニアの危険因子に

大規模コホート研究ROADスタディで明らかに

 2016年11月07日 07:15
プッシュ通知を受取る

 運動器障害の予防を目的にした大規模コホート研究として2005年に開始されたROADスタディのデータは、これまで多数の疾患研究に寄与してきた。東京大学22世紀医療センター関節疾患総合研究講座講座長(特任准教授)の吉村典子氏は、このデータを用いてサルコペニアの有病率や発生率、骨粗鬆症との関連などを分析し、骨粗鬆症がサルコペニア発生の危険因子であり、サルコペニアと診断された患者に対しては、骨粗鬆症の合併を疑って対応する必要があると第18回日本骨粗鬆症学会(10月6〜8日)で論じた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

OncologyTribune告知
セミナー開催情報
ギャラリー写真募集中。紙面に採用されると3,000ポイント進呈

ワンクリックアンケート

梅雨の休日、家でどう過ごす?

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  骨粗鬆症がサルコペニアの危険因子に

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P06505553 有効期限:6月末まで