メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  SGLT2阻害薬の薬理作用をおさらい

SGLT2阻害薬の薬理作用をおさらい

 2016年11月08日 11:20
プッシュ通知を受取る

 グルコース再吸収を抑制し、尿中に排泄することで血糖値を下げるSGLT2阻害薬は、インスリンとは独立した機序による。SGLT2阻害薬が日本に登場して約2年が経過したが、SGLT2はなぜ単独だと低血糖を来しにくいのか、今年(2016年)EMPA-REG OUTCOME試験サブ解析で報告され腎保護作用はどのような機序が考えられるのか。SGLT2を同定した大阪大学生体システム薬理学教授の金井好克氏が、第31回日本糖尿病合併症学会共催イブニングセミナーで、同薬の薬理作用を総括した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

お知らせ

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

ワンクリックアンケート

2023年に人類初の月旅行。無料招待券が届いたら?

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  SGLT2阻害薬の薬理作用をおさらい

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P10505519 有効期限:10月末まで