メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  ジフテリア毒素によるT細胞リンパ腫新薬

ジフテリア毒素によるT細胞リンパ腫新薬

遺伝子組み換え融合蛋白製剤がPⅡへ

 2016年11月08日 07:10
プッシュ通知を受取る

 再発・難治性の末梢性T細胞リンパ腫(PTCL)および皮膚T細胞性リンパ腫(CTCL)の日本人患者を対象に遺伝子組み換え融合蛋白製剤E7777の有効性および安全性を検証した非盲検、多施設、単群の第Ⅰ相試験から、探索的な研究結果ではあるが、全奏効率が38%と良好であったことが示された。東海中央病院(岐阜県各務原市)血液内科部長で治験管理センターセンター長の小椋美知則氏が、第78回日本血液学会(10月13~15日)で報告した。現在は、同剤の再発・難治性PTCLおよびCTCLに対する第Ⅱ相試験が進行中であるという。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

OncologyTribune告知
セミナー開催情報
ギャラリー写真募集中。紙面に採用されると3,000ポイント進呈

ワンクリックアンケート

梅雨の休日、家でどう過ごす?

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  ジフテリア毒素によるT細胞リンパ腫新薬

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P06505551 有効期限:6月末まで