メニューを開く 検索を開く ログイン

ジフテリア毒素によるT細胞リンパ腫新薬

遺伝子組み換え融合蛋白製剤がPⅡへ

 2016年11月08日 07:10
プッシュ通知を受取る

 再発・難治性の末梢性T細胞リンパ腫(PTCL)および皮膚T細胞性リンパ腫(CTCL)の日本人患者を対象に遺伝子組み換え融合蛋白製剤E7777の有効性および安全性を検証した非盲検、多施設、単群の第Ⅰ相試験から、探索的な研究結果ではあるが、全奏効率が38%と良好であったことが示された。東海中央病院(岐阜県各務原市)血液内科部長で治験管理センターセンター長の小椋美知則氏が、第78回日本血液学会(10月13~15日)で報告した。現在は、同剤の再発・難治性PTCLおよびCTCLに対する第Ⅱ相試験が進行中であるという。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

大阪府の吉村知事、三度目の緊急事態宣言を要請へ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  ジフテリア毒素によるT細胞リンパ腫新薬