メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2016年 »  薬剤情報 »  併用で進行乳がん治療抵抗性を克服

併用で進行乳がん治療抵抗性を克服

二重盲検ランダム化第Ⅲ相試験の中間結果

2016年11月08日 07:05

イメージ画像 (c)Getty Images ※画像はイメージです

 進行乳がんへのファーストライン治療としての選択的サイクリン依存性キナーゼ(CDK)4/6阻害薬ribociclibとアロマターゼ阻害薬レトロゾールの併用は、レトロゾール単剤投与と比べて無増悪生存(PFS)が有意に延長することが示された。ホルモン受容体(HR)陽性・ヒト上皮成長因子受容体(HER2)陰性の閉経後進行乳がん患者を対象に行われた二重盲検ランダム化第Ⅲ相試験MONALESSA-2の初の中間解析結果が米・University of Texas MD Anderson Cancer CenterのGabriel Hortobagyi氏によりN Engl J Med2016; 375: 1738-1748)で公表された。この結果は欧州臨床腫瘍学会(ESMO 2016)でも発表された。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(5月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

プロスポーツチームの成績不振、一番責任が重いのは?

トップ »  医療ニュース »  2016年 »  薬剤情報 »  併用で進行乳がん治療抵抗性を克服