メニューを開く 検索を開く ログイン

抗真菌薬耐性の新型カンジダ症に警鐘、CDC

米では7例中4例が死亡

 2016年11月08日 11:25
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 (c)Shawn Lockhart, CDC

 2009年に初めて日本から報告された、新たなカンジダ属の真菌であるCandida auris (C. auris)に、米国内で13例が感染していたことが分かったとして、米疾病対策センター(CDC)が注意を呼びかけている。分離された菌株の多くはフルコナゾールなどの抗真菌薬に耐性を示し、重篤な転帰をとったという。CDCは、このうち今年(2016年)8月までに確認された7例のC. auris感染例について報告書をまとめ、Morbidity and Mortality Weekly Report (MMWR2016年11月4日オンライン版) に掲載した。報告書では、7例中4例が死亡したことも明らかにされている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

大阪府の吉村知事、三度目の緊急事態宣言を要請へ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  健康・公衆衛生 »  抗真菌薬耐性の新型カンジダ症に警鐘、CDC