メニューを開く 検索を開く ログイン

SGLT2阻害薬の多面性を実臨床でも実感

 2016年11月09日 07:20
プッシュ通知を受取る

 患者の約7割を2型糖尿病患者が占める三浦中央医院(神奈川県三浦市)では、SGLT2阻害薬の使用率が増加傾向にあるという。同院院長の瀧端正博氏は、SGLT2阻害薬投与患者を対象に同薬の有効性と安全性を評価し、日本の糖尿病の実臨床においても、HbA1c値の改善とともに、体重や血圧、肝機能などの改善効果が得られたと、第31回日本糖尿病合併症学会共催イブニングセミナー(10月7日)で述べた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

コロナ感染者が最多更新中の東京都、緊急事態宣言すべき?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  SGLT2阻害薬の多面性を実臨床でも実感

error in template: found but mtif was expected