メニューを開く 検索を開く ログイン

よく笑う人は嚥下機能が低下しにくい

前向きコホート研究で検討

 2016年11月10日 07:10
プッシュ通知を受取る

 高齢者の肺炎は誤嚥によるものが多く、70歳以上の入院肺炎患者の7割以上が誤嚥性肺炎だといわれている。誤嚥性肺炎の予防において、嚥下機能の維持は重要な課題の1つである。大阪大学大学院社会医学講座公衆衛生学教室の丸尾歩氏らは、笑うことが嚥下機能の維持に関連するかどうかを前向きに検討。笑う頻度が高い人ほど嚥下機能低下が抑制される可能性があることを、第75回日本公衆衛生学会(10月26〜28日)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

インフルエンザ予防接種は受ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  よく笑う人は嚥下機能が低下しにくい

error in template: found but mtif was expected