メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  よく笑う人は嚥下機能が低下しにくい

よく笑う人は嚥下機能が低下しにくい

前向きコホート研究で検討

 2016年11月10日 07:10
プッシュ通知を受取る

 高齢者の肺炎は誤嚥によるものが多く、70歳以上の入院肺炎患者の7割以上が誤嚥性肺炎だといわれている。誤嚥性肺炎の予防において、嚥下機能の維持は重要な課題の1つである。大阪大学大学院社会医学講座公衆衛生学教室の丸尾歩氏らは、笑うことが嚥下機能の維持に関連するかどうかを前向きに検討。笑う頻度が高い人ほど嚥下機能低下が抑制される可能性があることを、第75回日本公衆衛生学会(10月26〜28日)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

セミナー開催情報
ギャラリー写真募集中。紙面に採用されると3,000ポイント進呈

ワンクリックアンケート

薄着の季節に向けて、先生のダイエット方法は?

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  よく笑う人は嚥下機能が低下しにくい

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P04505571 有効期限:4月末まで