メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  ワクチンギャップ解消へ向け4つの提言

ワクチンギャップ解消へ向け4つの提言

日本ワクチン学会

 2016年11月10日 07:05
プッシュ通知を受取る

 第20回日本ワクチン学会(10月22~23日)では、特別企画として国民のための予防接種の在り方をテーマにパネルディスカッションが開催された。現在、日本は欧米とのワクチンギャップが数的には解消されてきたが、接種手技や質に関するギャップ、安定供給体制、日本の成長戦略への貢献など残されている課題について医師、行政、産業界の各立場から議論が行われた。こうした議論を踏まえ、同学術集会会長の武下文彦氏、同特別企画座長で日本ワクチン学会理事長の岡部信彦氏が4項目の提言をまとめ、残されたワクチンギャップの解消や研究開発活動の促進、質の高いワクチンの製造と安定供給、予防接種の普及と啓発の推進を呼びかけた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

セミナー開催情報
ギャラリー写真募集中。紙面に採用されると3,000ポイント進呈

ワンクリックアンケート

「新御三家」として一世を風靡したスター逝く。西城秀樹の代表曲といえば?

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  ワクチンギャップ解消へ向け4つの提言

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P05505594 有効期限:5月末まで