メニューを開く 検索 ログイン

抗菌薬は薬剤性腎障害の主要原因

急性尿細管壊死・間質性腎炎・糸球体腎炎や尿路閉塞に注意

2016年11月11日 07:00

 薬剤性腎障害のリスクが最も高いものの1つに、感染症に対する抗菌薬投与が挙げられる。東京大学大学院薬学研究科医療薬学研究センター講師の山本武人氏は「抗菌薬による腎障害の多くは腎性腎障害と腎後性腎障害である。腎性腎障害では急性尿細管壊死や急性間質性腎炎、急性糸球体腎炎、腎後性腎障害では尿路閉塞などが挙げられ、用量反応性や免疫反応の介在の有無、他の薬剤との併用によるリスクの上昇などを考慮することが対応の鍵である」と、第26回日本医療薬学会(9月17~19日)のシンポジウム「薬剤性腎障害を考える」(関連記事)で述べた。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  抗菌薬は薬剤性腎障害の主要原因

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD505536 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外