メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

抗菌薬は薬剤性腎障害の主要原因

急性尿細管壊死・間質性腎炎・糸球体腎炎や尿路閉塞に注意

 2016年11月11日 07:00
プッシュ通知を受取る

 薬剤性腎障害のリスクが最も高いものの1つに、感染症に対する抗菌薬投与が挙げられる。東京大学大学院薬学研究科医療薬学研究センター講師の山本武人氏は「抗菌薬による腎障害の多くは腎性腎障害と腎後性腎障害である。腎性腎障害では急性尿細管壊死や急性間質性腎炎、急性糸球体腎炎、腎後性腎障害では尿路閉塞などが挙げられ、用量反応性や免疫反応の介在の有無、他の薬剤との併用によるリスクの上昇などを考慮することが対応の鍵である」と、第26回日本医療薬学会(9月17~19日)のシンポジウム「薬剤性腎障害を考える」(関連記事)で述べた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

新型コロナ対策としてのマスク着用、いつまで続ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  抗菌薬は薬剤性腎障害の主要原因

error in template: found but mtif was expected