メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?

新規登録(無料)

 学会レポートへ戻る

小中学生で増加するアレルギーは?

2015年の小学1~2年と中学2~3年の有症率調査を過去と比較

学会レポート | 2016.11.11 07:05

 小児のアレルギー疾患が増加傾向にあり、実態を明らかにした上で対策を講じることが求められている。そこで、東京都立小児総合医療センターアレルギー科の河口恵美氏らは、2015年に全国の小学1~2年生(6~7歳)と中学2~3年生(13~14歳)を対象にアレルギー疾患の有症率調査を行い、2005年と2008年に全国規模で実施した調査結果と比較したところ、喘息とアトピー性皮膚炎は低下傾向の一方、アレルギー性鼻・結膜炎は増加の可能性があることを、第53回日本小児アレルギー学会(10月8~9日)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  1. 1

    "Extreme risk"群を新設、LDL-C目標値を提示

  2. 2

    米で警告、カナグリフロジンの下肢切断リスク

  3. 3

    グルテンフリー食は「心血管にメリットなし」

  4. 4

    抗菌薬を過剰処方する医師の特徴は?

  5. 5

    維持できない体重減量はしない方がましか

  6. アクセスランキング一覧 

ホーム >  ニュース >  2016年 >  学会レポート >  小中学生で増加するアレルギーは?

無料会員登録で、記事が全文閲覧できます。

医師の見解・コメントが読める※医師会員のみ

記事を読めば読むほどCapが貯まる貯めたCapで豪華商品プレゼントに応募!

アンケート調査にご協力いただくと謝礼をお支払い※謝礼が発生しないアンケートもございます

下記キャンペーンコードを登録時にご利用頂くと
1,000ポイントを進呈いたします。※医師会員のみ(既に登録済みの会員は対象外)

コード:P05505541有効期限:5月末まで