メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2016年 »  学会レポート »  発生率80%、治療率4%の骨折とは

発生率80%、治療率4%の骨折とは

男性COPD患者に合併する骨粗鬆症

 2016年11月11日 07:15
プッシュ通知を受取る

 骨粗鬆症は慢性閉塞性肺疾患(COPD)の全身合併症の1つだが、呼吸器専門医を含めた内科医においてもその認知度は高くない。帝京大学ちば総合医療センター第三内科教授の岡崎亮氏は、男性COPD患者における椎体骨折の発生率が約80%に達する一方、治療を受けていたのは4%にも満たないとした自身の調査結果などを示し、COPDに合併する骨粗鬆症に対する病態解明や認知度および治療率の向上が急務であると第18回日本骨粗鬆症学会(10月6~8日)で呼びかけた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

医師が時間外労働、年2100時間超。先生は?

ホーム »  ニュース »  2016年 »  学会レポート »  発生率80%、治療率4%の骨折とは

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P11505562 有効期限:11月末まで