メニューを開く 検索を開く ログイン

夫妻で管理職―長谷部家の男女共同参画

旭川医大教授・直幸氏、旭川赤十字病院部長・千登美氏

 2016年11月11日 07:20
プッシュ通知を受取る

イメージ画像

 旭川医科大学の同級生で大学卒業と同時に結婚し、子育てをしながらそれぞれ管理職の道を進んできた同大学循環・呼吸・神経病態内科学分野教授の長谷部直幸氏と旭川赤十字病院消化器内科部長の長谷部千登美氏が、第39回日本高血圧学会(9月30日~10月2日)の男女共同参画委員会企画に登壇した。両氏は「医師としてのワークとライフのバランスが傾く時期があって当然」「女性医師の立場を最も理解できるのは現役の女性医師であるが、次に理解できるのはその夫である」と述べ、医師夫妻の職場・家庭での共同参画にエールを送った。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

男性型脱毛症(AGA)で悩む人へ―

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  夫妻で管理職―長谷部家の男女共同参画

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P12505581 有効期限:12月末まで