メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  ニュース »  2016年 »  学会レポート »  脳脊髄液関連疾患GL作成上の課題を検証

脳脊髄液関連疾患GL作成上の課題を検証

脳脊髄液減少症、低髄液圧症候群、脳脊髄液漏出症などを対象

 2016年11月12日 07:00
プッシュ通知を受取る

 脳脊髄液減少症、低髄液圧症候群、脳脊髄液漏出症などの病名がある脳脊髄液の減少を主徴とする疾患に対する診療指針としては、2011年に脳脊髄液漏出症の診断ガイドライン(GL)が公表されているが、治療GLは現在作成中である。日本医科大学武蔵小杉病院脳神経外科部長(教授)の喜多村孝幸氏は、第75回日本脳神経外科学会(9月29日~10月1日)で、これらの疾患の診断におけるポイントを解説し、治療GL作成に向けた課題を提起した。〔読み解くためのキーワード:脳脊髄液関連疾患

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

セミナー開催情報

ワンクリックアンケート

糞便移植、どう思われますか?

ホーム »  ニュース »  2016年 »  学会レポート »  脳脊髄液関連疾患GL作成上の課題を検証

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P02505584 有効期限:2月末まで