メニューを開く 検索 ログイン

脳脊髄液関連疾患GL作成上の課題を検証

脳脊髄液減少症、低髄液圧症候群、脳脊髄液漏出症などを対象

2016年11月12日 07:00

 脳脊髄液減少症、低髄液圧症候群、脳脊髄液漏出症などの病名がある脳脊髄液の減少を主徴とする疾患に対する診療指針としては、2011年に脳脊髄液漏出症の診断ガイドライン(GL)が公表されているが、治療GLは現在作成中である。日本医科大学武蔵小杉病院脳神経外科部長(教授)の喜多村孝幸氏は、第75回日本脳神経外科学会(9月29日~10月1日)で、これらの疾患の診断におけるポイントを解説し、治療GL作成に向けた課題を提起した。〔読み解くためのキーワード:脳脊髄液関連疾患

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

5月病の季節。周囲にいますか?

トップ »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  脳脊髄液関連疾患GL作成上の課題を検証

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD505584 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外