メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  臨床医学 »  「執刀医の意図通り」に動く内視鏡ロボット

「執刀医の意図通り」に動く内視鏡ロボット

手術支援システムとして臨床で稼働中

 2016年11月14日 07:20
プッシュ通知を受取る

 腹腔鏡手術は開腹術に比べ、患者にとって痛みの軽減や入院期間の短縮、手術創の縮小によるQOLの維持が期待できるが、視野が狭く非直感的な操作性のため術者には高度な技術が要求される。東京医科歯科大学生体材料工学研究所教授の川嶋健嗣氏は、「執刀医の意図通り」に動く内視鏡により視野を確保するホルダーロボットを開発した。昨年(2015年)の実用化以降、30台程度が臨床で使用されている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

関連タグ

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

OncologyTribune告知
セミナー開催情報
ギャラリー写真募集中。紙面に採用されると3,000ポイント進呈

ワンクリックアンケート

いよいよ開幕!2018FIFAワールドカップ。ズバリ優勝するのは?

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  臨床医学 »  「執刀医の意図通り」に動く内視鏡ロボット

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P06505611 有効期限:6月末まで