メニューを開く 検索を開く ログイン

Google Chromeで「パスワード情報が漏洩しました」という警告が表示された場合の対応につきまして

起立性頭痛に要注意な硬膜下血腫

治療指針の策定に向けて

 2016年11月15日 07:10
プッシュ通知を受取る

 脳脊髄液減少症(SIH)に合併する硬膜下血腫(SDH)は、臨床上決して珍しくないが、非専門医の間での認知度はあまり高くなく、適切な診療方針も十分知れ渡っているとはいえない。日本医科大学脳神経外科の佐藤俊氏は、第75回日本脳神経外科学会(9月29日~10月1日)で、SIHに合併するSDHの診療における要点を解説し、治療指針の策定においては起立性頭痛の有無が重要であることなどを強調した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

コロナ禍で増加。「公園飲み」・「路上飲み」をどう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  起立性頭痛に要注意な硬膜下血腫