メニューを開く 検索 ログイン

起立性頭痛に要注意な硬膜下血腫

治療指針の策定に向けて

2016年11月15日 07:10

 脳脊髄液減少症(SIH)に合併する硬膜下血腫(SDH)は、臨床上決して珍しくないが、非専門医の間での認知度はあまり高くなく、適切な診療方針も十分知れ渡っているとはいえない。日本医科大学脳神経外科の佐藤俊氏は、第75回日本脳神経外科学会(9月29日~10月1日)で、SIHに合併するSDHの診療における要点を解説し、治療指針の策定においては起立性頭痛の有無が重要であることなどを強調した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

5月病の季節。周囲にいますか?

トップ »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  起立性頭痛に要注意な硬膜下血腫

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD505612 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外