メニューを開く 検索を開く
花粉症対策2017をチェック
 健康・公衆衛生へ戻る

働き盛りの糖尿病未治療が世界の課題

世界糖尿病デーでの会見

健康・公衆衛生 | 2016.11.15 19:27

イメージ画像

 昨日(11月14日)の「世界糖尿病デー」(関連記事12)に合わせて、世界糖尿病デー実行委員会が東京都でメディアセミナーを開催し、この日の疾患啓発を提唱した国際糖尿病連合(IDF)の会員でもある日本糖尿病学会、日本糖尿病協会の各理事長らが国内の対糖尿病戦略による効果と課題を整理した。疾患啓発が効を奏し、この10年間で受診率が向上した一方、働き盛りの未治療例や治療中断例が存在する。同セミナーには国の糖尿病対策を推進する「日本糖尿病対策推進会議」の会長らも出席し、「糖尿病を増やさない」「悪化させない」ための取り組みを報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

セミナーのご案内
  1. 1

    CAD患者対象のDOAC 試験、早期中止に

  2. 2

    「SGLT2阻害薬で下肢切断リスク増」警告

  3. 3

    糖尿病の外科治療で5年後も効果が持続

  4. 4

    SGLT2阻害薬の皮膚障害に新仮説

  5. 5

    成人喘息患者の3分の1が再評価で喘息否定

  6. アクセスランキング一覧 

ホーム >  ニュース >  2016年 >  健康・公衆衛生 >  働き盛りの糖尿病未治療が世界の課題