メニューを開く 検索を開く ログイン

腫瘍溶解性ウイルスで骨肉腫の薬剤耐性克服

 2016年11月16日 07:15
プッシュ通知を受取る

 新たな機序に基づく抗がん薬の開発が進められている。その中で、がん細胞特異的に感染・増殖してがん細胞を破壊する腫瘍溶解性ウイルスも注目されるようになってきた。岡山大学整形外科の杉生和久氏は「腫瘍溶解性アデノウイルス療法は、薬剤耐性を有する骨肉腫患者に対して有効な治療戦略となりうる」と第75回日本癌学会(10月6〜8日)で述べた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

米大統領選、どっちが勝つ?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  腫瘍溶解性ウイルスで骨肉腫の薬剤耐性克服

error in template: found but mtif was expected