メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  週に1時間家事を増やせば、肝機能が改善

週に1時間家事を増やせば、肝機能が改善

NAFLD患者を対象に運動指導介入で検討

 2016年11月17日 07:25
プッシュ通知を受取る

 非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)治療の主軸は、食事療法と運動療法である。欧米では複数の研究により、1週間当たり10代謝当量(METs)以上の有酸素運動が肝機能改善に有効とされているが、日本人NAFLD患者の至適運動量は明らかではない。第24回日本消化器関連学会週間(JDDW 2016、11月3〜6日)において、大阪労災病院消化器内科肝臓内科部長の法水淳氏はNAFLD患者に運動指導を実施した結果、家事に相当する活動が週に1時間増えると肝機能の改善が認められたと報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

選挙カー、公職選挙法では病院周辺は静穏保持

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  週に1時間家事を増やせば、肝機能が改善

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P07505644 有効期限:7月末まで