メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  糖尿病改善にエンドトキシンの低下が関与か

糖尿病改善にエンドトキシンの低下が関与か

スリーブ状胃切除術による2型糖尿病改善の機序を検討

 2016年11月18日 07:20
プッシュ通知を受取る

 スリーブ状胃切除術(LSG)は、胃をバナナ1本程度の大きさだけ残して切除する肥満外科治療である。減量に加え2型糖尿病の改善をもたらすことから、代謝改善を目的とするメタボリックサージェリーとしても期待されている。草津総合病院(滋賀県)がん医療支援センター長兼第二外科部長の山本寛氏は、第24回日本消化器関連学会週間(JDDW 2016、11月3〜6日)で講演し、最近の検討から、LSGによる糖尿病改善のメカニズムの1つとして、血中エンドトキシン濃度の低下が関与する可能性が示されたことを紹介した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

ラグビーワールドカップ開幕

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  糖尿病改善にエンドトキシンの低下が関与か

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P09505664 有効期限:9月末まで