メニューを開く 検索を開く ログイン

糖尿病改善にエンドトキシンの低下が関与か

スリーブ状胃切除術による2型糖尿病改善の機序を検討

 2016年11月18日 07:20
プッシュ通知を受取る

 スリーブ状胃切除術(LSG)は、胃をバナナ1本程度の大きさだけ残して切除する肥満外科治療である。減量に加え2型糖尿病の改善をもたらすことから、代謝改善を目的とするメタボリックサージェリーとしても期待されている。草津総合病院(滋賀県)がん医療支援センター長兼第二外科部長の山本寛氏は、第24回日本消化器関連学会週間(JDDW 2016、11月3〜6日)で講演し、最近の検討から、LSGによる糖尿病改善のメカニズムの1つとして、血中エンドトキシン濃度の低下が関与する可能性が示されたことを紹介した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

インフルエンザ予防接種は受ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  糖尿病改善にエンドトキシンの低下が関与か

error in template: found but mtif was expected