メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2016年 »  解説 »  【解説】乳がん新薬の試験結果から考える

【解説】乳がん新薬の試験結果から考える

進行・再発例へのCDK4/6阻害薬ribociclib
がん研究会有明病院(東京都)乳腺センター長 大野 真司

2016年11月18日 07:05

1名の医師が参考になったと回答 

〔編集部から〕ホルモン受容体(HR)陽性・ヒト上皮成長因子受容体(HER2)陰性の閉経後進行乳がん患者を対象に、ファーストライン治療としての選択的サイクリン依存性キナーゼ(CDK)4/6阻害薬ribociclibとアロマターゼ阻害薬レトロゾール併用の有効性をレトロゾール単剤投与との比較により検証した二重盲検ランダム化比較第Ⅲ相試験MONALEESA-2の結果(関連記事)の意義について、がん研究会有明病院院長補佐で乳腺センター長の大野真司氏に解説してもらった。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(5月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

プロスポーツチームの成績不振、一番責任が重いのは?

トップ »  医療ニュース »  2016年 »  解説 »  【解説】乳がん新薬の試験結果から考える