メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  解説 »  【解説】乳がん新薬の試験結果から考える

【解説】乳がん新薬の試験結果から考える

進行・再発例へのCDK4/6阻害薬ribociclib
がん研究会有明病院(東京都)乳腺センター長 大野 真司

 2016年11月18日 07:05
プッシュ通知を受取る

〔編集部から〕ホルモン受容体(HR)陽性・ヒト上皮成長因子受容体(HER2)陰性の閉経後進行乳がん患者を対象に、ファーストライン治療としての選択的サイクリン依存性キナーゼ(CDK)4/6阻害薬ribociclibとアロマターゼ阻害薬レトロゾール併用の有効性をレトロゾール単剤投与との比較により検証した二重盲検ランダム化比較第Ⅲ相試験MONALEESA-2の結果(関連記事)の意義について、がん研究会有明病院院長補佐で乳腺センター長の大野真司氏に解説してもらった。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

PickUpコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生のスケジュールはなにで管理?

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  解説 »  【解説】乳がん新薬の試験結果から考える

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P11505681 有効期限:11月末まで