メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  ニュース »  2016年 »  ガイドライン・診断基準 »  受動喫煙症の診断基準を改定

受動喫煙症の診断基準を改定

日本禁煙学会

 2016年11月19日 07:00

 日本禁煙学会は2005年に策定した「受動喫煙症の分類と診断基準」を今年(2016年)10月に全面改定した「受動喫煙症の分類と診断基準」Version 2を同学会のホームページで発表した。同学会理事長の作田学氏は「受動喫煙症の診断は、受動喫煙に苦しんでいる多くの人を救う切り札になる」とし、受動喫煙症の診断可能な医療機関への紹介を勧めている。

続きを読む(読了時間:約 0.5 分) 

新型たばこによるものも含む

 日本禁煙学会・禁煙医師連盟の診断基準委員会は、2005年に世界で初めて受動喫煙症の分類と診断基準を策定、発表した。その後、多くの患者を診断する中で、①必ずしもニコチンの検出はなくても容易に診断ができる②受動喫煙で生じる疾患が多岐にわたる③急性受動喫煙症、あるいは慢性受動喫煙症に再発性を入れるべき場合が多く、再発性を入れてもよい④近年、電子たばこが普及してきて、呼気中のニコチンによって手足の痺れ、頭痛、狭心症、心筋梗塞が生じる例もある⑤慢性受動喫煙症では合併していた疾患の悪化も見られる―ことが分かってきた。

 以上から、日本禁煙学会は①受動喫煙症をレベル0~5の6段階〔正常、無症候性急性受動喫煙症、無症候性慢性受動喫煙症、急性(再発性)受動喫煙症、慢性(再発性)受動喫煙症、重症受動喫煙症〕に分類②ニコチニンの検出は除外③再発性も含んでよいとする④電子たばこなどの新型たばこによるものも含む―などの全面改定を行った。

 作田氏は「この診断基準はわれわれが世界で初めて策定した。症状の出現が受動喫煙の停止とともに消失する急性受動喫煙症(レベル3)の状態をいち早く見つけて対処することが重要である。それにより、多くの受動喫煙に苦しんでいる人を救う切り札になることが分かった。わが国ではまだ受動喫煙に曝露する人、受動喫煙症に苦しんでいる人が多い。そのような人を受動喫煙症が診断できる医療機関にぜひ紹介もらいたい」と述べている。

(大江 円)

コメント機能は会員限定サービスです。

セミナー開催情報

ランキング

  1. 1

    米国のてんかん患者数が増加、CDC・2015年推計

  2. 2

    "美容整形"後遺症に対する修正手術の実際

  3. 3

    開業に必要な3つの「決めるべきこと」

  4. 4

    生薬の"染色体毒性"を防いで流産防止

  5. 5

    脳梗塞と誤認されたフグ毒中毒の症例

  6. 6

    脳卒中後スタチン中止で再発リスク増加

  7. 7

    脳動脈瘤治療は血管内治療に劇的シフト!

  8. 8

    術前の"薬識"欠如が高齢患者の予後に影響

  9. 9

    【キーワード】異物肉芽腫

  10. 10

    GLP-1薬でパーキンソン病の運動能力が改善

  11. アクセスランキング一覧 
  1. 1

    "HDL-C上昇薬"の悲劇と不可解

  2. 2

    漢方生薬、記載のない重大リスクも

  3. 3

    週3~4回の飲酒で糖尿病リスクが最低に

  4. 4

    製薬業界の自主規制、「行き過ぎてないか」

  5. 5

    生活指導で年相応の睡眠時間を

  6. 6

    "糖尿病が世界を滅ぼす"が現実に!?

  7. 7

    2つのチェックリストをフレイル予防に活用

  8. 8

    3つのGLを統合した成人肺炎診療GLとは?

  9. 9

    統合失調症、陰性症状の治療と支援

  10. 10

    うつ病像の変化、医療スタッフの変化も促す

  11. アクセスランキング一覧 

ホーム »  ニュース »  2016年 »  ガイドライン・診断基準 »  受動喫煙症の診断基準を改定

無料会員登録で、記事が全文閲覧できます。

記事を読めば読むほどCapが貯まる貯めたCapで豪華商品プレゼントに応募!

アンケート調査にご協力いただくと謝礼をお支払い※謝礼が発生しないアンケートもございます

下記キャンペーンコードを登録時にご利用頂くと
1,000ポイントを進呈いたします。※医師会員のみ(既に登録済みの会員は対象外)

コード:P08505671有効期限:8月末まで