メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  ニュース »  2016年 »  学会レポート »  肥満予防で逆流性食道炎発症を防ぐ

肥満予防で逆流性食道炎発症を防ぐ

 2016年11月21日 07:00
プッシュ通知を受取る

 肥満は逆流性食道炎(RE)のリスク因子であるとする横断研究はこれまでに幾つか行われているが、RE新規発症の予測因子に関する検討はほとんどなされていない。第24回日本消化器関連学会週間(JDDW 2016、11月3〜6日)において、名古屋市立大学大学院次世代医療開発学分野教授の神谷武氏らは、多施設の健診データを基にRE発症までの肥満関連臨床指標の推移を非RE健診受診者と比較し、RE新規発症の予測因子を検討した。なお、同研究はREのリスク因子を明らかにする世界初の臨床研究で、GERD研究会の症例対照研究として実施された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

セミナー開催情報

ワンクリックアンケート

糞便移植、どう思われますか?

ホーム »  ニュース »  2016年 »  学会レポート »  肥満予防で逆流性食道炎発症を防ぐ

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P02505639 有効期限:2月末まで