メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  臨床医学 »  欧米でネットゲーム障害の有病率を調査

欧米でネットゲーム障害の有病率を調査

4カ国1万8,932例のデータを分析

 2016年11月21日 07:05
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 (c)Getty Images ※画像はイメージです

 欧米での調査の結果、インターネットゲーム障害の有病率は現在のところ低いことが明らかになった。米国精神医学会(APA)は精神疾患の分類と診断の手引き第5版(DSM-5)において、インターネットゲーム障害を「今後の研究のための病態」として取り上げているが、その有病率や診断基準はまだ明確になっていない。オープンサイエンスの手法による大規模調査研究を実施して4カ国1万8,932例のデータを分析し、インターネットゲーム障害の有病率およびDSM-5の診断基準案の妥当性に関する検討結果を、英・University of OxfordのAndrew K. Przybylski氏らがAm J Psychiatry2016年11月4日オンライン版)に発表。インターネットゲーム障害のDSM-5診断基準案は国や性を問わず妥当で、有病率はギャンブル障害より低く、1.0%以下であることが示された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

選挙カー、公職選挙法では病院周辺は静穏保持

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  臨床医学 »  欧米でネットゲーム障害の有病率を調査

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P07505680 有効期限:7月末まで