メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  全身的な抗酸化治療が視野維持に有効

全身的な抗酸化治療が視野維持に有効

比較的若年の緑内障患者

 2016年11月22日 07:10
プッシュ通知を受取る

 緑内障の基本病態である網膜神経節細胞(RGC)死は、視野障害に直結する。多くの因子がRGC死に関わる中でも、酸化ストレスの関与が注目されており、その重要性を示す研究が基礎、臨床ともに相次いで発表されている。第70回日本臨床眼科学会(11月3〜6日)において、東北大学大学院眼科学分野の檜森紀子氏は、比較的若年の緑内障患者では酸化ストレスの軽減が視野維持に重要であると報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

日本のサマータイム導入の検討。どう考える?

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  全身的な抗酸化治療が視野維持に有効

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P08505689 有効期限:8月末まで