メニューを開く 検索 ログイン

全身的な抗酸化治療が視野維持に有効

比較的若年の緑内障患者

 2016年11月22日 07:10
プッシュ通知を受取る

 緑内障の基本病態である網膜神経節細胞(RGC)死は、視野障害に直結する。多くの因子がRGC死に関わる中でも、酸化ストレスの関与が注目されており、その重要性を示す研究が基礎、臨床ともに相次いで発表されている。第70回日本臨床眼科学会(11月3〜6日)において、東北大学大学院眼科学分野の檜森紀子氏は...

…こちらからログインして続きを読む

新規会員登録はこちら

    

新規会員登録はこちら

ワンクリックアンケート

医学・医療情報、主に見るのは...

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  全身的な抗酸化治療が視野維持に有効