メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  十二指腸ならではのESDの課題

十二指腸ならではのESDの課題

 2016年11月22日 07:15
プッシュ通知を受取る

 内視鏡的粘膜下層剝離術(ESD)の施行が増加し、十二指腸に対するESDについても増えてきた。慶應義塾大学腫瘍センター低侵襲療法研究開発部門の落合康利氏は「十二指腸は腸壁が薄くESDは技術的難易度が高い上に遅発性穿孔など偶発症も大きな問題となるため、十二指腸ESDの現在の保険診療点数は現実にそぐわないものである」と第24回日本消化器関連学会週間(JDDW 2016、11月3〜6日)で訴えた。〔読み解くためのキーワード:内視鏡的粘膜下層剝離術(ESD)

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

セミナー開催情報
ギャラリー写真募集中。紙面に採用されると3,000ポイント進呈

ワンクリックアンケート

春の学会シーズン。一番の楽しみは?

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  十二指腸ならではのESDの課題

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P04505694 有効期限:4月末まで