メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  AF罹病のリスクスコアを開発

AF罹病のリスクスコアを開発

AHA 2016、3件の国内コホートをメタ解析

2016年11月22日 13:50

米国心臓協会学術集会(AHA 2016)記事一覧

 心房細動(AF)は心不全や脳梗塞のリスク因子として知られるが、その予防に不可欠となるAF罹病を予測するリスクスコアの開発が課題となっている。The J-RISK AF Research Group 〔日本医療研究開発機構(AMED)研究事業、代表・奥村謙氏〕では、日本における地域住民を対象とした3件のコホート研究のデータをメタ解析し、AF罹病に関わるリスクスコアを開発してきたが、今回、班員の国立循環器病研究センターの小久保喜弘氏らがその解析結果を米国心臓協会年次集会(AHA 2016,11月12~16日,ニューオリンズ)で報告した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

日赤名古屋第二病院で高校生が誤診により死亡。何が問題か?

トップ »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  AF罹病のリスクスコアを開発