メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2016年 »  学会レポート »  新機序薬、年2~3回投与でLDL-C 50%減

新機序薬、年2~3回投与でLDL-C 50%減

PCSK9合成阻害薬inclisiran 、第Ⅱ相試験の中間解析

 2016年11月22日 15:00

米国心臓協会学術集会(AHA 2016)記事一覧

 最近登場したPCSK9を標的としたモノクローナル抗体(PCSK9阻害薬)とは異なる機序でLDLコレステロール(LDL-C)を低下させるPCSK9合成阻害薬inclisiranの第Ⅱ相試験ORION-1の中間解析結果が米国心臓協会学術集会(AHA 2016、11月12~16日、ニューオリンズ)で発表された。スタチンによる至適治療を受けてもLDL-C高値の心血管疾患(CVD)およびCVD高リスク者を対象に、inclisiran 300mgを1回皮下投与した結果、投与から90日後にLDL-Cが平均で51%低下し、さらに初回投与から90日後に同用量を再投与する2回投与レジメンでは、180日後も57%のLDL-C低下が示されたという。この結果を報告した英・Imperial College in LondonのKausik K. Ray氏は、「inclisiranは投与回数が年2~3回で効果が持続すると考えられ、2~4週ごとの投与が必要なPCSK9阻害薬と比べてより安価な治療薬になるのではないか」と期待感を示した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

MedicalTribuneLuxe秋号

ホーム »  ニュース »  2016年 »  学会レポート »  新機序薬、年2~3回投与でLDL-C 50%減

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P10505740 有効期限:10月末まで