メニューを開く 検索を開く
花粉症対策2017をチェック
 安全性情報へ戻る

一部のDPP-4阻害薬など「重大な副作用」改訂

「使用上の注意」でPMDA指示発出

安全性情報 | 2016.11.22 18:00

 医薬品医療機器総合機構(PMDA)は本日(11月22日)、一部のDPP-4阻害薬やアロプリノールなど複数の医薬品について、使用上の注意の改訂指示を発出した。アログリプチン、リナグリプチン、テネリグリプチンについては「重大な副作用」の項に「類天疱瘡」の追記を、アロプリノールについては同項の「過敏症症候群」を「薬剤性過敏症候群」に改めるとともに、1型糖尿病(劇症1型糖尿病を含む)の発症例も報告されていることなどを記載するよう求めている。この他、胃潰瘍や味覚障害の治療薬として広く使用されているポラプレジンクについても、「銅欠乏症」に関連する副作用の報告が集積したとして注意喚起がなされた(関連記事)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

関連記事

セミナーのご案内
  1. 1

    【解説】RA治療で初、経口薬でBio上回る効果

  2. 2

    糖尿病の外科治療で5年後も効果が持続

  3. 3

    成人喘息患者の3分の1が再評価で喘息否定

  4. 4

    SGLT2阻害薬の皮膚障害に新仮説

  5. 5

    がん患者の脱毛、頭皮冷却装置で半数が頭髪維持

  6. アクセスランキング一覧 

ホーム >  ニュース >  2016年 >  安全性情報 >  一部のDPP-4阻害薬など「重大な副作用」改訂