メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

ポラプレジンクによる「銅欠乏症」で注意喚起

「重大な副作用」改訂へ

 2016年11月22日 18:05
プッシュ通知を受取る

 医薬品医療機器総合機構(PMDA)は本日(11月22日)、消化性潰瘍治療薬のポラプレジンク(商品名プロマックなど)の「使用上の注意」改訂を指示したと発表した。3年間に同薬による銅欠乏症に関連した副作用の報告が集積したことを受け、「重大な副作用」として「銅欠乏症」の追記を求めている。同薬は胃潰瘍が適応症だが、味覚障害に対しても処方されることが多い。報告された副作用症例の中には重篤な汎血球減少や貧血を来した例もあったとして、関連する団体や学会、全国の自治体に対して広く注意喚起がなされた。なお、同日には一部のDPP-4阻害薬など複数の薬剤について改訂指示が発出されている(関連記事)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

イベント人数制限が緩和。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  安全性情報 »  ポラプレジンクによる「銅欠乏症」で注意喚起

error in template: found but mtif was expected