メニューを開く 検索 ログイン

ポラプレジンクによる「銅欠乏症」で注意喚起

「重大な副作用」改訂へ

2016年11月22日 18:05

 医薬品医療機器総合機構(PMDA)は本日(11月22日)、消化性潰瘍治療薬のポラプレジンク(商品名プロマックなど)の「使用上の注意」改訂を指示したと発表した。3年間に同薬による銅欠乏症に関連した副作用の報告が集積したことを受け、「重大な副作用」として「銅欠乏症」の追記を求めている。同薬は胃潰瘍が適応症だが、味覚障害に対しても処方されることが多い。報告された副作用症例の中には重篤な汎血球減少や貧血を来した例もあったとして、関連する団体や学会、全国の自治体に対して広く注意喚起がなされた。なお、同日には一部のDPP-4阻害薬など複数の薬剤について改訂指示が発出されている(関連記事)。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

経口中絶薬の服薬に「配偶者同意が必要」とする厚労省見解について

トップ »  医療ニュース »  2016年 »  安全性情報 »  ポラプレジンクによる「銅欠乏症」で注意喚起

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD505753 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外