メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2016年 »  安全性情報 »  ポラプレジンクによる「銅欠乏症」で注意喚起

ポラプレジンクによる「銅欠乏症」で注意喚起

「重大な副作用」改訂へ

2016年11月22日 18:05

8名の医師が参考になったと回答 

 医薬品医療機器総合機構(PMDA)は本日(11月22日)、消化性潰瘍治療薬のポラプレジンク(商品名プロマックなど)の「使用上の注意」改訂を指示したと発表した。3年間に同薬による銅欠乏症に関連した副作用の報告が集積したことを受け、「重大な副作用」として「銅欠乏症」の追記を求めている。同薬は胃潰瘍が適応症だが、味覚障害に対しても処方されることが多い。報告された副作用症例の中には重篤な汎血球減少や貧血を来した例もあったとして、関連する団体や学会、全国の自治体に対して広く注意喚起がなされた。なお、同日には一部のDPP-4阻害薬など複数の薬剤について改訂指示が発出されている(関連記事)。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

長距離の飛行機での飲酒は危険。国際線でお酒を飲みますか?

トップ »  医療ニュース »  2016年 »  安全性情報 »  ポラプレジンクによる「銅欠乏症」で注意喚起