メニューを閉じる 検索を閉じる メニューを開く 検索を開く
 安全性情報へ戻る
follow us in feedly
follow us in feedly

GLP-1アナログで乳がんリスク上昇せず

【海外短報】

安全性情報 | 2016.11.23 07:00

イメージ画像 (c)Getty Images ※画像はイメージです

 GLP-1アナログの使用による乳がんリスクの上昇は認められないと、カナダのグループがBMJ2016; 355: i5340)に発表した。

続きを読む 

 最近のランダム化比較試験から、GLP-1アナログと乳がんとの関係が懸念されている。同グループは、英国のClinical Practice Research Datalinkのデータを用いて、2007年1月〜15年3月にGLP-1アナログまたはDPP-4阻害薬の使用を開始した40歳以上の女性2型糖尿病患者4万4,984例を2016年3月まで追跡(平均3.5年)し、乳がんの発症を比較した。

 549例が乳がんを発症。解析の結果、1,000人・年当たりの乳がん発症はDPP-4阻害薬使用群が3.4例、GLP-1アナログ使用群が4.4例で、GLP-1アナログ使用による乳がんリスクの増大は認められなかった(ハザード比1.40、95%CI 0.91〜2.16)。

(編集部)

関連する診療科

関連する疾患・領域・ジャンル

  1. 1

    PPIが精子の質に悪影響

  2. 2

    快刀乱麻⑫ 総会議決権の制限

  3. 3

    造影剤腎症にデータで対抗する

  4. 4

    糖質制限は難治てんかんに有効

  5. 5

    "あべこべ" になった食事療法の今後

  6. アクセスランキング一覧 

ホーム >  ニュース >  2016年 >  安全性情報 >  GLP-1アナログで乳がんリスク上昇せず