メニューを開く 検索を開く
花粉症対策2017をチェック
 学会レポートへ戻る

特定健診で眼底検査は意味ない?

糖尿病網膜症を発見できない恐れ

学会レポート | 2016.11.24 07:00

 生活習慣病の早期発見や重症化予防のために、特定健診では眼底検査も盛り込まれている。生活習慣病と関連の深い糖尿病網膜症患者の拾い上げが期待される。ところが、JA鹿児島厚生連病院眼科の田中最高氏は、同院の健診結果から糖尿病該当者を抽出して糖尿病網膜症の有無とBMI、腹囲、脂質、血圧の各健診基準との関連を比較・検討したところ、腹囲や脂質の健診基準は眼底検査の結果との関連性が認められなかったという。特定健診においては眼底検査を施行するための条件が糖尿病網膜症のスクリーニングに適していないと、第70回日本臨床眼科学会(11月3~6日)で一石を投じた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

関連記事

セミナーのご案内
  1. 1

    CAD患者対象のDOAC 試験、早期中止に

  2. 2

    「SGLT2阻害薬で下肢切断リスク増」警告

  3. 3

    糖尿病の外科治療で5年後も効果が持続

  4. 4

    SGLT2阻害薬の皮膚障害に新仮説

  5. 5

    成人喘息患者の3分の1が再評価で喘息否定

  6. アクセスランキング一覧 

ホーム >  ニュース >  2016年 >  学会レポート >  特定健診で眼底検査は意味ない?