メニューを開く 検索 ログイン

再発・難治性ATLLにレナリドミドが有望

国内の第Ⅱ相試験で

2016年11月24日 07:05

 成人T細胞白血病・リンパ腫(ATLL)は、極めて予後不良な末梢性T細胞リンパ腫(PTCL)の1つであり、その標準治療はいまだ確立されていない。再発および再燃性のATLLの日本人患者を対象に、経口の免疫調節薬レナリドミド単剤の有効性および安全性を検証した第Ⅱ相試験(ATLL-002)の結果から、全奏効率(ORR)が42%と有望な結果が示された。日本赤十字社長崎原爆病院血液内科部長の城達郎氏が第78回日本血液学会(10月13~15日)で報告した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

ワンクリックアンケート

コロナワクチン、12歳未満も接種へ

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  再発・難治性ATLLにレナリドミドが有望

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで