メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  高用量PPIで脳梗塞リスク90%増

高用量PPIで脳梗塞リスク90%増

デンマーク・後ろ向きコホート研究

 2016年11月24日 15:20
プッシュ通知を受取る

14名の先生が役に立ったと考えています。

米国心臓協会学術集会(AHA 2016)記事一覧

 プロトンポンプ阻害薬(PPI)の使用が虚血性脳卒中リスクの有意な上昇に関連していたとするデンマークの国民登録データを用いた後ろ向きコホート研究の結果が米国心臓協会学術集会(AHA 2016、11月12~16日、ニューオリンズ)で発表された。同国のDanish Heart FoundationのThomas Sehested氏が報告した。高用量のPPIの用量でリスク上昇が認められ、一部のPPIでは高用量の使用で90%超のリスク上昇が認められたという。なお、ほとんどの日本の承認用量ではリスク上昇が確認できなかった。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

朝一のお気に入り飲料は

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  高用量PPIで脳梗塞リスク90%増

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P08505747 有効期限:8月末まで