メニューを開く 検索を開く ログイン

クローン病にウステキヌマブが有効

寛解導入・維持療法の国際共同第Ⅲ相試験

 2016年11月25日 07:15
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 (c)Getty Images ※画像はイメージです

 既存の治療で効果不十分または忍容性がない中等症~重症クローン病患者に対する寛解導入療法と寛解維持療法において、ウステキヌマブはプラセボに比べて有効であることが国際共同第Ⅲ相試験で示されたと、英・Western UniversityのBrian G. Feagan氏らがN Engl J Med2016; 375: 1946-1960)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

大阪府の吉村知事、三度目の緊急事態宣言を要請へ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  消化器 »  クローン病にウステキヌマブが有効