メニューを開く 検索 ログイン

クローン病にウステキヌマブが有効

寛解導入・維持療法の国際共同第Ⅲ相試験

2016年11月25日 07:15

イメージ画像 (c)Getty Images ※画像はイメージです

 既存の治療で効果不十分または忍容性がない中等症~重症クローン病患者に対する寛解導入療法と寛解維持療法において、ウステキヌマブはプラセボに比べて有効であることが国際共同第Ⅲ相試験で示されたと、英・Western UniversityのBrian G. Feagan氏らがN Engl J Med2016; 375: 1946-1960)で報告した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2016年 »  消化器 »  クローン病にウステキヌマブが有効

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD505701 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外