メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2016年 »  学会レポート »  AF患者への適切な抗凝固療法は6割のみ

AF患者への適切な抗凝固療法は6割のみ

AHA 2016で米実態調査を報告

 2016年11月28日 18:00
プッシュ通知を受取る

米国心臓協会学術集会(AHA 2016)記事一覧

 直接作用型経口抗凝固薬(DOAC)の導入により抗凝固療法は大きく進歩し、脳梗塞発症リスクを予測するCHA2DS2-VAScスコアなどの簡便なリスク評価ツールの開発も進められている。一方で、実臨床では適切な抗凝固療法が行われているケースは依然として低いとの指摘がある。そこで、米・Advocate Lutheran General HospitalのHiren Patel氏とJeffrey Park氏らは、実臨床における心房細動(AF)患者に対する抗凝固薬の適正使用の実態について診療記録を基に後ろ向きに検討。その結果、AF患者への適切な抗凝固療法が行われていたのは6割のみであったことが分かり、米国心臓協会年次集会(AHA 2016、11月12~16日、ニューオリンズ)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

いつも忙しい先生にとっての 「プチ贅沢」を教えてください。

ホーム »  ニュース »  2016年 »  学会レポート »  AF患者への適切な抗凝固療法は6割のみ

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブのご利用は無料です

医師会員限定!
下記登録リンクよりご登録いただくと
Amazonギフト券等に交換可能な
1,000ポイントをもれなく進呈!
※有効期限:11月末まで
※過去に利用された方は対象外