メニューを開く 検索を開く
花粉症対策2017をチェック
 臨床医学へ戻る

移植肺、保存12時間以上でも生存率は同等

体外肺循環技術で移植肺を「生きた状態」で保存

臨床医学 | 2016.11.28 07:10

イメージ画像 (c)Getty Images ※画像はイメージです

 通常、肺摘出後6~8時間以内に移植手術を実施しなければならず、全米臓器配分ネットワーク(UNOS)によると移植肺の平均保存時間は5.1時間となっている。体外肺循環技術(Ex-Vivo Lung Perfusion;EVLP)の使用により、その2倍以上まで保存時間を安全に延長できることが示されている。カナダ・University of TorontoのJonathan C. Yeung氏らは、EVLPの使用により保存時間が12時間以上に及んだ移植肺でも、12時間未満の移植肺と比べて生存率などのアウトカムに差はなかったとLancet Respir Med2016年11月17日オンライン版)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

関連する診療科

関連する疾患・領域・ジャンル

関連記事

セミナーのご案内
  1. 1

    【解説】RA治療で初、経口薬でBio上回る効果

  2. 2

    糖尿病の外科治療で5年後も効果が持続

  3. 3

    成人喘息患者の3分の1が再評価で喘息否定

  4. 4

    SGLT2阻害薬の皮膚障害に新仮説

  5. 5

    がん患者の脱毛、頭皮冷却装置で半数が頭髪維持

  6. アクセスランキング一覧 

ホーム >  ニュース >  2016年 >  臨床医学 >  移植肺、保存12時間以上でも生存率は同等