メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?

新規登録(無料)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

 臨床医学へ戻る

移植肺、保存12時間以上でも生存率は同等

体外肺循環技術で移植肺を「生きた状態」で保存

臨床医学 | 2016.11.28 07:10

イメージ画像 (c)Getty Images ※画像はイメージです

 通常、肺摘出後6~8時間以内に移植手術を実施しなければならず、全米臓器配分ネットワーク(UNOS)によると移植肺の平均保存時間は5.1時間となっている。体外肺循環技術(Ex-Vivo Lung Perfusion;EVLP)の使用により、その2倍以上まで保存時間を安全に延長できることが示されている。カナダ・University of TorontoのJonathan C. Yeung氏らは、EVLPの使用により保存時間が12時間以上に及んだ移植肺でも、12時間未満の移植肺と比べて生存率などのアウトカムに差はなかったとLancet Respir Med2016年11月17日オンライン版)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

関連記事・ピックアップコンテンツ

  1. 1

    抗菌薬を過剰処方する医師の特徴は?

  2. 2

    「自転車とEDリスク」関連はあるのか

  3. 3

    SGLT2阻害薬、実臨床で心不全・死亡減少

  4. 4

    糖尿病足病変、日本は海外の1割

  5. 5

    糖尿病患者の便秘、腸内環境との関連は?

  6. アクセスランキング一覧 

ホーム >  ニュース >  2016年 >  臨床医学 >  移植肺、保存12時間以上でも生存率は同等

無料会員登録で、記事が全文閲覧できます。

医師の見解・コメントが読める※医師会員のみ

記事を読めば読むほどCapが貯まる貯めたCapで豪華商品プレゼントに応募!

アンケート調査にご協力いただくと謝礼をお支払い※謝礼が発生しないアンケートもございます

下記キャンペーンコードを登録時にご利用頂くと
1,000ポイントを進呈いたします。※医師会員のみ(既に登録済みの会員は対象外)

コード:P05505762有効期限:5月末まで