メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  うっ血改善も36カ月後の心血管死減少せず

うっ血改善も36カ月後の心血管死減少せず

ナトリウム利尿ペプチドのTRUE-AHF試験

 2016年11月28日 18:15
プッシュ通知を受取る

米国心臓協会学術集会(AHA 2016)記事一覧

 ナトリウム利尿ペプチドであるularitideの有効性と安全性を検討したTRUE-AHFの結果は、これまでの急性心不全に関する考え方を大きく変えるかもしれない―。米・Baylor University Medical CenterのMilton Packer氏は、急性心不全患者に対する平均6時間以内のularitideの緊急投与でも、長期の心血管死リスクを減少させなかったことを米国心臓協会学術集会(AHA 2016、11月12~16日、ニューオリンズ)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

高校野球4強出揃う。優勝は?

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  うっ血改善も36カ月後の心血管死減少せず

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P08505790 有効期限:8月末まで