メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2016年 »  薬剤情報 »  進行乳がんの無増悪生存期間が延長

進行乳がんの無増悪生存期間が延長

パルボシクリブ/レトロゾール併用第Ⅲ相試験PALOMA-2

 2016年11月29日 07:10

イメージ画像 (c)Getty Images ※画像はイメージです

 HR陽性HER2陰性の閉経後進行乳がんに対する初回治療として、サイクリン依存性キナーゼ(CDK)4/6阻害薬パルボシクリブとアロマターゼ阻害薬レトロゾールの併用は、プラセボとレトロゾールの併用に比べ無増悪生存期間(PFS)を有意に延長することが示された。米・UCLA David Geffen School of MedicineのRichard S. Finn氏らが、二重盲検ランダム化第Ⅲ相試験PALOMA-2の結果をN Engl J Med2016; 375: 1925-1936)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

MedicalTribuneLuxe秋号

ホーム »  ニュース »  2016年 »  薬剤情報 »  進行乳がんの無増悪生存期間が延長

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P10505757 有効期限:10月末まで