メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?

新規登録(無料)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2016年 »  学会レポート »  大腸がん術後化学療法の投与期間を半分に

大腸がん術後化学療法の投与期間を半分に

3カ月投与vs.6カ月投与の非劣性を検証

 2016年11月30日 07:20
プッシュ通知を受取る

 大腸がんの術後補助化学療法としてのmFOLFOX6療法※1またはXELOX療法※2 の6カ月投与法に対する3カ月投与法の無病生存期間(DFS)における非劣性を検証するランダム化比較第Ⅲ相試験(ACHIEVE)の結果から、治療完遂率、有害事象(AE)の発現率のいずれにおいても、3カ月投与法が現在標準とされる6カ月投与法に比べて優れていることが示された。労働者健康安全機構大阪労災病院(堺市)外科の長谷川順一氏が第54回日本癌治療学会(10月20~22日)で報告した。同演題は、同学会の最優秀演題に選ばれた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

制服(白衣、オペ着など)にこだわりはありますか?

ホーム »  ニュース »  2016年 »  学会レポート »  大腸がん術後化学療法の投与期間を半分に

MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P12505788 有効期限:12月末まで