メニューを開く 検索を開く
花粉症対策2017をチェック
 薬剤情報へ戻る

敗血症患者にCa感受性増強薬追加は有益か

【海外短報】

薬剤情報 | 2016.12.01 07:05

イメージ画像 (c)Getty Images ※画像はイメージです

 敗血症の標準治療へのlevosimendan(カルシウム感受性増強薬)追加に臓器不全の重症度や死亡率を改善する効果は認められないと、英国のグループがN Engl J Med2016; 375: 1638-1648)に発表した。

続きを読む(読了時間:約 1.5 分) 

 同グループは、levosimendanが成人敗血症患者の臓器不全の重症度改善に有効かどうかを検討する二重盲検ランダム化比較試験を実施。516例を登録し、標準治療に加えてlevosimendan(0.05〜0.2μg/kg/分)を24時間静注する群に259例、プラセボを静注する群に257例を割り付けた。主要評価項目は、集中治療室在室中に最長28日目まで毎日測定したSequential Organ Failure Assessment (SOFA)スコアの平均とした(最高スコアは20で、スコアが高いほど機能障害が重症)。

 解析の結果、levosimendan群とプラセボ群の平均SOFAスコアに有意差はなかった(6.68対6.06、P=0.053)。28日目の死亡率はlevosimendan群が34.5%、プラセボ群が30.9%であった(P=0.43)。

 登録時に人工呼吸器が必要だった患者のうち28日間で離脱に成功した患者の割合は、levosimendan群の方が低かった(ハザード比0.77、P=0.03)。また、levosimendan群では上室性頻拍のリスクが高かった(3.1%対0.4%、P=0.04)。

(編集部)

関連する診療科

関連する疾患・領域・ジャンル

関連記事

セミナーのご案内
  1. 1

    【解説】RA治療で初、経口薬でBio上回る効果

  2. 2

    糖尿病の外科治療で5年後も効果が持続

  3. 3

    成人喘息患者の3分の1が再評価で喘息否定

  4. 4

    SGLT2阻害薬の皮膚障害に新仮説

  5. 5

    がん患者の脱毛、頭皮冷却装置で半数が頭髪維持

  6. アクセスランキング一覧 

ホーム >  ニュース >  2016年 >  薬剤情報 >  敗血症患者にCa感受性増強薬追加は有益か