メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2016年 »  学会レポート »  大腸T1がん、摘除生検としてのESD導入を

大腸T1がん、摘除生検としてのESD導入を

 2016年12月01日 07:20

 近年、内視鏡的粘膜下層剝離術(ESD)の普及により、粘膜下層(SM)浸潤の可能性がある早期大腸がんでも一括摘除が可能となり、適応拡大について議論されている。NTT東日本札幌病院(北海道)消化器内科の吉井新二氏は「大腸T1(粘膜下層浸潤)がんでは"SM浸潤度1,000μm以深"以外のリスク因子がなければ再発率は低い。摘除生検としてのESD導入によって不必要な外科手術を減らすことが期待できる」と第24回日本消化器関連学会週間(JDDW 2016、11月3〜6日)で述べた。〔読み解くためのキーワード:内視鏡的粘膜下層剝離術(ESD)

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

MedicalTribuneLuxe秋号

ホーム »  ニュース »  2016年 »  学会レポート »  大腸T1がん、摘除生検としてのESD導入を

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P10505776 有効期限:10月末まで