メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

マーストリヒトⅤコンセンサスを読む

慶應義塾大学医学教育統轄センター 鈴木秀和

 2016年12月05日 07:15
プッシュ通知を受取る

 Helicobacter pyloriH. pylori )感染のマネジメントにおける重要な進歩がなされ、マーストリヒト・コンセンサスの5回目の改訂では、H. pyloriの臨床的役割に関連した主たる項目が2015年に再評価された(Gut 2016年10月5日オンライン版)。つまり、世界24カ国43人の専門家が、第5回マーストリヒト・フローレンスコンセンサス会議に参加し、臨床的に H. pylori に関連した、新規の重要な問題について以下の5つのワーキンググループで検討したことになる。つまり、①適応疾患と関連疾患②診断③治療④予防と公衆衛生⑤胃のフローラとの関連-の5つの分科会である。個々のワークショップの結論を最終会議に提出し参加者全員による投票を実施している。推奨度は、さまざまな臨床状況での、H. pylori 感染症の管理に関連して、最善かつ最新のエビデンスを基に行われたわけである。

 本稿では、このマーストリヒト・コンセンサスレポートの中から、わが国の臨床現場でも重要性が高いと考えられるもの、あるいは大幅に変更になったものを中心に抜粋し考察したい()。

表. 今回解説するマーストリヒトⅤコンセンサスでわが国の診療現場でも重要と思われるステートメント

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

イベント人数制限が緩和。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  ガイドライン・診断基準 »  マーストリヒトⅤコンセンサスを読む

error in template: found but mtif was expected