メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  全国調査で望ましいヨウ素摂取量を把握

全国調査で望ましいヨウ素摂取量を把握

全国の約3分の1で調査終了

2016年12月05日 07:10

2名の医師が参考になったと回答 

 甲状腺機能異常や甲状腺疾患のリスクとも関連するヨウ素摂取量は、地域によって異なることが知られている。日本甲状腺学会において、日本人のヨウ素栄養状態の全国実態調査(全国調査)と甲状腺疾患との関係を検討する委員会の責任者で帝京大学リサーチフェローの布施養善氏は、この調査の経過を第59回日本甲状腺学会(11月3~5日)で報告した。また、天理よろづ相談所病院(奈良県)放射線部部長の御前隆氏が、放射性ヨウ素治療前のヨウ素制限に関する全国アンケートの結果を紹介し、適切にヨウ素摂取量をコントロールするための検証が進行していることを示した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

日赤名古屋第二病院で高校生が誤診により死亡。何が問題か?

トップ »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  全国調査で望ましいヨウ素摂取量を把握