メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

全国調査で望ましいヨウ素摂取量を把握

全国の約3分の1で調査終了

 2016年12月05日 07:10
プッシュ通知を受取る

 甲状腺機能異常や甲状腺疾患のリスクとも関連するヨウ素摂取量は、地域によって異なることが知られている。日本甲状腺学会において、日本人のヨウ素栄養状態の全国実態調査(全国調査)と甲状腺疾患との関係を検討する委員会の責任者で帝京大学リサーチフェローの布施養善氏は、この調査の経過を第59回日本甲状腺学会(11月3~5日)で報告した。また、天理よろづ相談所病院(奈良県)放射線部部長の御前隆氏が、放射性ヨウ素治療前のヨウ素制限に関する全国アンケートの結果を紹介し、適切にヨウ素摂取量をコントロールするための検証が進行していることを示した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

イベント人数制限が緩和。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  全国調査で望ましいヨウ素摂取量を把握

error in template: found but mtif was expected