メニューを開く 検索を開く ログイン

C型肝炎に4番目のIFNフリーDAA

エルバスビル+グラゾプレビル

 2016年12月05日 07:25
プッシュ通知を受取る

 新たな経口C型肝炎治療薬エルバスビル(EBR、商品名エルレサ)およびグラゾプレビル(GZR、同グラジナ)が発売になったことを受け、11月29日にMSD社主催のメディアセミナーが開かれた。両薬は、ゲノタイプ(GT)1型のC型慢性肝炎またはC型代償性肝硬変に対して1日1回12週間併用投与するインターフェロン(IFN)フリーの直接作用型抗ウイルス薬(DAA)で、併用投与される。虎の門病院肝臓センター部長の熊田博光氏は、同セミナーで「EBRとGZRの併用は効果が良好で副作用が少なく、幅広い患者に使用が可能。C型肝炎の治療選択肢が増えた」と述べた。(以下、併用は+、合剤は/で表示)

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

家庭で楽しみな風呂は?

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  薬剤情報 »  C型肝炎に4番目のIFNフリーDAA

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P12505831 有効期限:12月末まで