メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  臨床医学 »  病変発見者により異なるメラノーマの予後

病変発見者により異なるメラノーマの予後

【海外短報】

 2016年12月06日 07:05
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 (c)Getty Images ※画像はイメージです

 メラノーマは患者自身が病変に気付くことが多く、特に男性が発見したメラノーマは予後が悪いと、スペインのグループがJ Am Acad Dermatol2016; 75: 967-974に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

PickUpコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生のスケジュールはなにで管理?

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  臨床医学 »  病変発見者により異なるメラノーマの予後

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P11505842 有効期限:11月末まで