メニューを閉じる 検索を閉じる メニューを開く 検索を開く
 臨床医学へ戻る
follow us in feedly
follow us in feedly

痛風がなくても積極的な治療を

CKD進展予防のための高尿酸血症管理

臨床医学 | 2016.12.06 12:10

内田氏 高尿酸血症を治療することの意義は、痛風に対しては古くから確立されているが、近年は心血管疾患や慢性腎臓病(CKD)との関連でも注目されており、これら心腎合併症の観点から高尿酸血症をどう管理するかが問われている。現行ガイドラインも明確な答えを用意していないこの問題に対して、帝京大学内科教授の内田俊也氏は「高尿酸血症は尿蛋白、高血圧などCKDの既知の危険因子ほど強力ではない」としながらも、「CKDの進展を防止するため、痛風が認められなくても積極的に治療すべきだ」と主張している。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  1. 1

    PPIが精子の質に悪影響

  2. 2

    快刀乱麻⑫ 総会議決権の制限

  3. 3

    造影剤腎症にデータで対抗する

  4. 4

    糖質制限は難治てんかんに有効

  5. 5

    "あべこべ" になった食事療法の今後

  6. アクセスランキング一覧 

ホーム >  ニュース >  2016年 >  臨床医学 >  痛風がなくても積極的な治療を