メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?

新規登録(無料)

 臨床医学へ戻る

痛風がなくても積極的な治療を

CKD進展予防のための高尿酸血症管理

臨床医学 | 2016.12.06 12:10

内田氏 高尿酸血症を治療することの意義は、痛風に対しては古くから確立されているが、近年は心血管疾患や慢性腎臓病(CKD)との関連でも注目されており、これら心腎合併症の観点から高尿酸血症をどう管理するかが問われている。現行ガイドラインも明確な答えを用意していないこの問題に対して、帝京大学内科教授の内田俊也氏は「高尿酸血症は尿蛋白、高血圧などCKDの既知の危険因子ほど強力ではない」としながらも、「CKDの進展を防止するため、痛風が認められなくても積極的に治療すべきだ」と主張している。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  1. 1

    "Extreme risk"群を新設、LDL-C目標値を提示

  2. 2

    米で警告、カナグリフロジンの下肢切断リスク

  3. 3

    グルテンフリー食は「心血管にメリットなし」

  4. 4

    抗菌薬を過剰処方する医師の特徴は?

  5. 5

    維持できない体重減量はしない方がましか

  6. アクセスランキング一覧 

ホーム >  ニュース >  2016年 >  臨床医学 >  痛風がなくても積極的な治療を

無料会員登録で、記事が全文閲覧できます。

医師の見解・コメントが読める※医師会員のみ

記事を読めば読むほどCapが貯まる貯めたCapで豪華商品プレゼントに応募!

アンケート調査にご協力いただくと謝礼をお支払い※謝礼が発生しないアンケートもございます

下記キャンペーンコードを登録時にご利用頂くと
1,000ポイントを進呈いたします。※医師会員のみ(既に登録済みの会員は対象外)

コード:P05505866有効期限:5月末まで