メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  ガイドライン・診断基準 »  C型肝炎治療ガイドライン改訂、今年3回目

C型肝炎治療ガイドライン改訂、今年3回目

EBR+GZRを追加

 2016年12月06日 16:53
プッシュ通知を受取る

 日本肝臓学会は12月5日、C型肝炎治療ガイドライン(GL)を改訂し、第5.2版を公式サイトで公開した。今年(2016年)3回目となる今回のGL改訂のポイントは、C型慢性肝炎およびC型代償性肝硬変のゲノタイプ(GT)1型に対する治療選択肢として、インターフェロン(IFN)フリー直接作用型抗ウイルス薬(DAA)であるエルバスビル(EBR)+グラゾプレビル(GZR)の併用療法が加えられたことである。(以下、併用は「+」、配合剤は「/」で表記)

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

「即位の礼」恩赦が約55万人。先生はどう思う?

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  ガイドライン・診断基準 »  C型肝炎治療ガイドライン改訂、今年3回目

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P10505873 有効期限:10月末まで