メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2016年 »  ガイドライン・診断基準 »  C型肝炎治療ガイドライン改訂、今年3回目

C型肝炎治療ガイドライン改訂、今年3回目

EBR+GZRを追加

2016年12月06日 16:53

3名の医師が参考になったと回答 

 日本肝臓学会は12月5日、C型肝炎治療ガイドライン(GL)を改訂し、第5.2版を公式サイトで公開した。今年(2016年)3回目となる今回のGL改訂のポイントは、C型慢性肝炎およびC型代償性肝硬変のゲノタイプ(GT)1型に対する治療選択肢として、インターフェロン(IFN)フリー直接作用型抗ウイルス薬(DAA)であるエルバスビル(EBR)+グラゾプレビル(GZR)の併用療法が加えられたことである。(以下、併用は「+」、配合剤は「/」で表記)

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

大阪万博まであと1年

トップ »  医療ニュース »  2016年 »  ガイドライン・診断基準 »  C型肝炎治療ガイドライン改訂、今年3回目