メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

明治の医家の風貌を間近に

インターメディアテク特別展示

 2016年12月07日 07:10
プッシュ通知を受取る

イメージ画像

 12月3日から、JPタワー/KITTE(東京都)内ミュージアム「インターメディアテク」において、特別展示「医家の風貌」が開催されている。東京大学病院の内科講堂にかけられていた歴代の同病院長などの肖像画を修復して展示したもので、明治時代の医家の風貌を間近で見ることができる。エルウィン・フォン・ベルツの助手となった後、感染症や脚気の研究で知られた青山胤通(1859~1917)や神経病学などの研究で知られ、日本人による医学教育の確立に努めた三浦謹之助(1864~1950)などの肖像の他、肖像彫像も展示されている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

新型コロナ対策としてのマスク着用、いつまで続ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  イベント »  明治の医家の風貌を間近に

error in template: found but mtif was expected