メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2016年 »  臨床医学 »  フレイル検出で術後死亡リスク減少

フレイル検出で術後死亡リスク減少

米国退役軍人患者コホート

2016年12月07日 07:05

イメージ画像 (c)Getty Images ※画像はイメージです

 待機的非心臓手術を受ける患者を対象に、フレイルスクリーニング戦略(Frailty Screening Initivative;FSI)を導入後、術後30日、180日および365日の死亡リスクが減少した。米国退役軍人病院NWIHCS*1の外科患者9,000例を対象とした前向き研究の結果を、ピッツバーグ退役軍人健康管理システムおよびピッツバーグ大学のDaniel E. Hall氏らが、JAMA Surgery2016年11月30日オンライン版)に発表。高齢化が進む米国では、術前のフレイル検出が手術成績向上に有用なツールとなりうることが示された。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

各地で連日30℃超えの真夏日が続く。猛暑だと外来患者は?

トップ »  医療ニュース »  2016年 »  臨床医学 »  フレイル検出で術後死亡リスク減少